ロシアでコンスタンチン・ヴィクトロヴィチ・プチコフ腹腔鏡手術の治療

みなさん!

私たちは 異なっていて、別の国に住んで異なる言語を話して、我々は異なっている皮膚、目と髪の色を持っています。しかし、一般的なものもあります、これは病気、治療、健康であるための欲望の方法です。最も複雑な疾患の治療の主な方法は操作で、手術はすべての医師、医者が練習しているの国のために普遍的です。何世紀にもわたって苦しみを通じて、一般的な原理は人生の多さで支払いました。これらの一般原則の遵守は個人的な悲劇によって各患者が保存されます。

世界が変換されます。状態、社会間の障壁、社会階層間の障壁間の境界をあいまいになっています。インターネットのおかげで、あなたは世界地図上の任意の時点で、自分で医師を選択することができます。どうやって間違わないと?

選択するには開放性、誠実さと信頼性、重要な原則と明確な用語がひつようです。私のサイトでは、私は患者と医師のための自分の魂、専門的な経験や人生経験、人生のその主要な原則「私は人々を助けるのが好きです。」という秘密を開きました。

すべての医師は、外科医の世代の経験を継承し、独自のを補完します。私の主な専門的な秘密は私の成功だけでなく、25年以上の米国、欧州、ロシアの最大の外科医の失敗から勉強になります。

医者を選ぶとき、心で選んでください。

なぜ他の国からの患者は、ロシアで処理しようとしているのですか?

あなたは何年もの間病気と回復に必死ですか。

あなたは、あなたの国の医療著名を支援することを拒否しましたが。

あなたは世界の主要な科学的な学校で失敗した技術させてしまいましたか。

あなたは世界で誰があなたを助けることはできませんと確信させましたか。 puchkovkv@mail.ru へ書いて、あなたの質問に答えて、手伝ってあげます。

プチコフ博士についてもっと詳しい情報

コンスタンチン・プチコフは有名なロシア外科医、医学博士、教授です。腹腔鏡外科医の科学的・実用的な学校の創設者は20カ国で400以上の学生を訓練しました。臨床的および実験的手術のトレーニングセンターの社長です。スイスの大学病院(モスクワ)の外科的サービスのリーダーです。600以上の科学出版物、腹腔鏡手術の10研究論文と独自の技術、18は発明の著作権証明書と特許し、特殊なコンピュータープログラムの共著者で保護の著者です。

専門的な活動の分野

婦人科

  • - 子宮筋腫
  • - 性器脱
  • - 子宮内膜症
  • - 子宮癌
  • - 子宮頸部の子宮内膜症

千部を見る

  • - 卵巣嚢腫
  • - 卵巣癌
  • - 不妊

一般外科

  • - 裂孔ヘルニア
  • - 胆石症
  • - 副腎の腫瘍や嚢胞
  • - 脾嚢胞
  • - 術後ヘルニア

千部を見る

  • - アカラシア
  • - バレット食道
  • - 臍ヘルニア
  • - 鼠径ヘルニア
  • - 肝嚢胞

肛門

  • - 直腸癌
  • - 大腸癌
  • - コロンの憩室症
  • - 直腸脱

泌尿器科

  • - 腎下垂(腎下垂)
  • - 腎嚢胞
  • - 腎臓がん
  • - 精索静脈瘤
  • - 失禁
  • - BPH

彼の医療行為の間、博士プチコフは、19,000以上の手術を実行しました

>8000 婦人科で
>7000 一般外科で
>2000 肛門で
>2000 泌尿器科で

教育

大学教育

1) 1987年、大学の時、プチコフさんはビテブスク市に行ったソ連中の手術大会で第一になって、そして、高い省とソ連の二特殊教育とコムソモール中央委員会のディプロマを授与されました。

2) 1988年にリャザン市のパヴロフ国立医学大学を卒業しました 。

3) 1988 — 1990 年に上記の大学の外科で臨床インターンシップをしました。

4) 1992年に彼は医学の候補度のために彼の論文を擁護しました。

5) 1997 - 医学の医師の学位論文「腹部手術における外科的介入の腹腔鏡技術」の防御、32歳に国の中で若い博士になりました。

6) 2001年には、ロシアの教育省の決定からプチコフサンは学術称号を授与してもらいました。

海外インターンシップ

1) 1995年 - 大学病院で腹腔鏡手術や婦人科用に関するメロッチ教授の指導(モデム市、イタリア)

2) 1996 年— 大学病院で一般的な腹腔鏡下手術に関するリチャード・ベイズと教授とベッカー教授の指導(テュービンゲン、ドイツ)

3) 1997 年—腹腔鏡産婦人科教授リッチの婦人科クリニック(ニューヨーク、アメリカ)

4) 1998 年 — 国立病院でクリニック内視鏡手術の頭、アジアの内視鏡や腹腔鏡外科医、ピーター・ゴー教授の協会の会長の腹腔鏡や胸腔鏡手術に関するリーダーシップ(シンガポール)

5) 1999 年 —腹腔鏡手術にかんするリチャード・ブエス教授の指導の下で、低侵襲手術クリニックでの仕事(「オリンピック医療センター」、ミュンヘン、ドイツ)

6) 2002 年—一般病院で外科的ケアの組織の大学病院(ミュンスター、ドイツ)

7) 2006 年—手術における統合運用の使用上の低侵襲手術のための国際センター(ベルリン、ドイツ)

8) 2007 年—後腹膜手術のための新たな外科的技術のヨーロッパセンター(エランクール、フランス)

9) 2007 年—泌尿器疾患の治療における腹腔鏡の使用上の放射線外科のヨーロッパセンター(ストラスブール、フランス)

10) 2008 年—放射線外科技術のヨーロッパセンターN.O.T.E.S.腹部手術と産婦人科(ストラスブール、フランス)

11) 2009 年— 外性器の子宮内膜症の一般的な形態の外科的治療の改善に教授のピーター・フォン・シオボールドとの手術婦人科大学病院センター(グラムカーン、フランス)

12) 2009 年—放射線外科のヨーロッパセンター 、 先進技術で、婦人科内視鏡検査(ストラスブール、フランス)

13) 2010 年 —シングルポートアクセス腹腔鏡下手術の胆石症の適用に関するK. Krajinovic教授の指示の下外科における大学病院での仕事(ヴユスブルグ、ドイツ)

14) 2010 年— - シングルポートシステム作動産婦人科で«S.I.L.S.»の使用上の会社«コヴィディエン»のヨーロッパトレーニングセンター(エランクール、フランス)

15) 2013 年— «Villa dei Platani (GruppoMalzoni)»のクリニックの基でアベリノ市(イタリア) と«Clinica Ruesch» のクリニックの基で ネアポリ(イタリア) 第1回国際イタリア - ロシア語学校「腹腔鏡検査コースでの子宮内膜症の治療。がんと子宮内膜症」。

16) 2014 年— «Universita Cattolicadel Sacro Cuore»の大学病院の基で ロム市(イタリア) Giovanni Scambia教授の指導下で国際マルチ日間のハンズオンコース «Advanced Laparoscopic Gynecology»

17) 2016 г.at the premises of the IRCAD Laparoscopic Training Center doing Gynecologic Oncology course

国際会議への参加

1) International Congress of Gynecologic Endoscopy 25-th Annual Meeting of the AAGL, Chicago, Illinois, 24 - 29 September, 1996.

2) 6th World Congress of Endoscopic Surgery, Rome, Italy, 31 May - 6 June, 1998.

3) 7th Annual Meeting of the International Society for Gynecologic Endoscopy, Sun City, South Africa, 15 - 18 March, 1998.

4) 7th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery, Linz, Austria, 23 - 26 June, 1999.

5) Global Congress of Gynecologic Endoscopy. 28-th Annual Meeting of the AAGL, Las Vegas, Nevada, 8 - 11 November, 1999.

6) 4th Annual Meeting European Society of Surgery, Krakow, 3 - 6 December, 2000.

7) 9th Annual Scientific Meeting of the Australian Gynecological Endoscopy Society, Gold Coast, Queensland, Australia, 16 - 19 April, 2000.

8) 8th Biennial Congress European Council of Coloproctology, 29 April - 2 May, Prague, Czech Republic, 2001.

9) Annual Regional Meeting Laparo-Vaginal Surgery in the 21-th Century of the International Society for Gynecologic Endoscopy, 30 August - 2 September, Budapest, Hungary, 2000.

10) 10th World Congress International Gastro-Surgical Club, 17 - 20 October, Rome, Italy, 2000.

11) II Central European Congress of Coloproctology, 11 - 15 May, Graz, 2006.

12) XV Annual Congress of the International Society for Gynecologic Endoscopy, March, Buenos Aires, Argentina, 2006.

13) 10th World Congress of Endoscopic Surgery, 13 - 16 September, Berlin, 2006.

14) 16th Annual Congress of International Society for Gynecologic Endoscopy, 18 - 21 March, Osaka, Japan, 2007.

15) 15th EAES Congress, 4 - 7 July, Athens, Greece, 2007.

16) 16th EAES Congress, 11 - 14 July, Stockholm, Sweden, 2008.

17) 11th World Congress of Endoscopic Surgery, 2 - 5 September, Yokohama, Japan, 2008.

18) Colorectal Congress (Colon cancer), 3 - 6 Dec., St. Gallen, Switzerland, 2008.

19) 24th EAU Congress, 17 - 21 March, Stockholm, Sweden, 2009.

20) 17th EAES Congress, 17 - 20 June, Prague, Czech Republic, 2009.

21) 95th American college of surgeons Clinical Congress, Chicago, IL, USA, 11 - 15 October, 2009.

22) 3rd Colorectal Congress, 2 - 5 Dec., St. Gallen, Switzerland, 2009.

23) 25th Anniversary EAU Congress,16 - 20 April, Barcelona, Spain, 2010.

24) 18th EAES Congress, 16 - 19 June, Geneva, Switzerland, 2010.

25) 13th World Congress on controversies in obstetrics gynecology & infertility, 4–7 November, Berlin, Germany, 2010.

26) 26th Annual European Association of Urology Congress, 18 — 22 March, Vienna, Austria, 2011.

27) 22nd Edition of Digestive Apparatus Surgery Conference, 5–6 May, Rome, Italy, 2011.

28) 20th ESGE Congress, 21-24 September, London, UK, 2011.

29) 20th EAES Congress, 20-23 June, Brussels, Belgium, 2012.

30) 21st SGE Annual Congress, 11-14 September, Paris, France, 2012.

31) 17th World Congress on controversies in obstetrics gynecology & infertility, 8–11 November, Lisbon, Portugal, 2012.

32) 1st International Congress for Endometriosis, 29 November-1 December, Sienna, Italy, 2012

33) 21st International Congress of the EAES, 19-22 July, Vienna, Austria, 2013.

34) 10th Congress of the European Society of Gynecology, 18-21 Sept, Brussels, Belgium, 2013.

35) 18th World congress on controversies in obstetrics, gynecology and infertility, 24-27 Oct, Vienna, Austria, 2013.

36) 14th World Congress of Endoscopic Surgery, 18-21 July, Paris, France, 2014.

37) 23rd ESGE Annual Congress, 24-27 September, Brussels, Belgium, 2014.

38) 3rd Annual Middle East Society for Gynecological Endoscopy (MESGE) Congress. - Antalya, 2015.

39) 1st Congress of the Society of Endometriosis and Uterine Disorders, 7-9 May, Paris, France, 2015.

40) 23rd International Congress of the EAES, 3-6 June, Bucharest, Romania, 2015.

41) 24th ESGE Annual Congress, 7-10 October, Budapest, Hungary, 2015.

42) 2-st Congress of the Society of Endometriosis and Uterine Disordes, 11-13 May, Barcelona, Spain, 2016.

43) 3-rd Congress of the Society of Endometriosis and Uterine Disordes, 5-8 April, Singapore, 2017.

44) 25-th International Congress of the EAES, 14-17 June , Frankfurt am Main, Germani, 2017.

ロシアと外国団体のメンバーシップ

1) 内視鏡産婦人科のロシア協会

2) 内視鏡外科ロシア協会

3) 産科とサンクトペテルブルクの婦人科学会(名誉会員)

4) 内視鏡外科欧州の学会

5) 婦人科内視鏡の欧州社会

6) 泌尿器科の欧州社会

7) 当社内視鏡や腹腔鏡外科医のアジア

8) 作家のロシア連合のモスクワ市の組織や作家や通訳の連合のメンバー

卒業証書と証明書

博士プのチコフ選択された患者の声

博士プのチコフの患者ビデオの声

患者の中には、インタビューや治療のためにモスクワに来ての彼らの個人的な経験を共有しました。 彼らのビデオの声は下にあります

Matsola Ekaterina Igorevna

Gimon Galina

Paciente esposo Shvachko S.

博士プのチコフについて他の国からの同僚のコメント

<>

Dear Kostia,
Thank you for nice e-mail.

I will wait you in the USA in a coming year

Be glad to show my achievements.

Hope to see you soon in the former-USSR countries during symposia and master-classes.

Happy New Year.
Happy Holidays

Wish the best your loved ones.

With best regards,
Samuel Badalian


博士プのチコフが参加する世界での会議、ワークショップ、その他のイベント

コンスタンチン・プチコフは、毎年、彼は世界で最高のトレーニングセンターで腹腔鏡手術のスキルを上がるだけでなく、彼は講義、マスタークラスとデモ操作を与える場合には、様々な会議やワークショップに参加しています。

Surgical masterclasses offered by the centre os Clinical and Experimental Surgery





初めてロシア外科医コンスタンチン・プチコフは彼のスキルと腹腔鏡手術を発揮し、このライブビデオは世界中の診療所での放送します。



外国人の同僚と写真

  • Professors Feki, Puchkov and Major in the operating room
  • Professors Feki, Puchkov and Major in the Professor's office
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Wittmann Joseph (Medtronic Covidien), IRCAD, Strasbourg (France), 24.06. 2016
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. A. Wattiez (France), IRCAD , Strasbourg (France), 24.06. 2016
  • Prof. A. Wattiez (France), Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. O. Aziev (Russia)
    23-st ESGE Annual Congress, 24-27 September, Brussels, Belgium, 2014
  • Prof. V. Begenar (Russia), Prof. R. Botchorishvili (France), Prof. K. Puchkov (Russia), Kiev, 2013.
  • Prof. M. Malzoni, Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. A. Popov (Russia) in the centre of photo.
     Clinica Ruesch, Napoli (Italy), 25.03.2013.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. Paolo Miccoli (Italy), Prof. Martin Strik (Germany) in the centre of photo.
    Swiss Clinic (Moscow), 7.12.2012.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), az an expert "NEW TECHNIQUES IN LAPAROSCOPIC COLORECTAL SURGERY"
    AT TRAINING CENTER AT COVIDIEN CLINICAL INSTITUTE, Shanghai (China), 11-13.09.2012.
  • Prof. K. Puchkov, Miami (USA), 10.01.2012.
  • Prof. A. Popov (Russia), Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. R. Botchorishvili (France) 20-th ESGE Congress, 21-24 September, London, UK, 2011.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Moscow (Russia), 20.07.2011.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. J. Marescaux (France), Strasbourg (France), 23.06.2011.
  • Prof. M. Khaikin (Israel), Prof. K. Puchkov (Russia), Sheba Hospital, Tel-Aviv (Israel), 5.04.2011.
  • Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Prof. K. Puchkov (Russia), Mont Blanc (France), 5.01.2011.
  • Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Prof. K. Puchkov (Russia), Geneva (Switzerland), 2.11.2010.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. R. Botchorishvili (France), Astana (Kazakhstan), 25.10.2010.
  • Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Prof. K. Puchkov (Russia), Moscow (Russia), 2.08.2010.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. K. Krajinovic (Germany), Wurzburg (Germany), 8.04.2010.
  • Prof. K. Puchkov (Russia) has attended the following course as an expert «New Technologies in Laparoscopic Surgery», Elancourt (France), 10-11.03.2011.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Arkhangelsk (Russia), 25.10.2010.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), D. Gurov (Russia), Prof. A. Forgione (Italy), Arkhangelsk (Russia), 25.10.2010.
  • Nicolette Iwan (Chef of Europe Covidien), Moscow (Russia), 22.03.2010.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. A. Wattiez (France), Strasbourg (France), 2.12.2009.
  • Prof. Peter Von Theobald (France), Prof. K. Puchkov (Russia), Caen (France), 2.09.2009.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Hopital de La Tour, Geneva (Switzerland), 2.09.2009.
  • Prof. K. Puchkov, Relais de Chateaux, Bordeaux (France), 11.08.2009.
  • Prof. A. Forgione (Italy), Prof. K. Puchkov (Russia), Arkhangelsk (Russia), 25.04.2009.
  • Prof. K. Puchkov, Chateau Margaux, Bordeaux (France), 08.05.2008.
  • Prof. K. Puchkov, Les Planshes, Deauville (France), 06.04.2008.
  • K. Puchkov, Congress of Internation Society for Gynecologic Endoscopy Osaka (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Cherry blossoms (Sakura), Tokyo (Japan), March 2007.
  • K. Puchkov, Cherry blossoms (Sakura) - my phtography, Tokyo (Japan), March 2007.
  • K. Puchkov, Fujiyama - my phtography (airplane), Japan, 2007.
  • K. Puchkov, Fujiyama - my phtography (airplane), Japan, 2007.
  • K. Puchkov, Kyoto (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Kyoto (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Kyoto - my phtography (Japan), 2007. 36/span>
  • K. Puchkov, Kyoto (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Kyoto - my phtography (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Kyoto - my phtography (Japan), 2007.
  • K. Puchkov and swore friends, Osaka (Japan), 2007.
  • K. Puchkov and A. Popov, Osaka (Japan), 2007.
  • K. Puchkov, Osaka - my phtography (Japan), 2007.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. B. Heald (England), Strasbourg (France), 12.11.2007.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. R. Botchorishvili (France), St. Petersburg (Russia), 1.11.2007.
  • Prof. A. Popov (Russia), Prof. H. Rich (USA), Prof. K. Puchkov (Russia), Tokyo (Japan), 17.04.2007.
  • K. Puchkov (Russia), MEDICA 2006, Dusseldorf (Germany), 17.11.2006.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Da Vinci Surgical System, Prague (Czech Republic), 08.11.2006.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), E. Alekseev (Russia), Hospital MIC, OR 1, Berlin (Germany), 28.08.2006.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Hospital St. Marien, Berlin (Germany), 18.06.2006.
  • Prof. Attila Louis Major (Switzerland), Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. G. Rocha (Switzerland),
    St. Petersburg (Russia), 6.02.2006.
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. G. Rocha (Switzerland), St. Petersburg (Russia), 5.02.2006.
  • Prof. B. Weisbach (Gemany), Prof. K. Puchkov (Russia), Ryazan (Russia), 16.05.2003.
  • Prof. G. Buess (Germany), K. Puchkov (Russia), O. Weiss (Germany), Munich (Germany), 10.06.1998.
  • K. Puchkov (Russia), Prof. P. Go (Singapore), V. Fedenko (Russia), Singapore, 10.08.1998.
  • Prof. G. Buess (Germany), K. Puchkov (Russia), Tubingen (Germany), 05.08.1996.
  • Prof. G. Buess (Germany), K. Puchkov (Russia), Tubingen (Germany), 10.07.1996.
  • Prof. P. Go (Singapore), Prof. K. Puchkov (Russia), Singapore, 15.07.1996.
  • Prof. P. Majer (Australia), Prof. G. Ussia (Italy), K. Puchkov (Russia), Moscow (Russia), 20.06.1996
  • Prof. K. Puchkov (Russia), Prof. P. Go (Singapore), Singapore, 02.08.1996.
  • K. Puchkov (Russia), Prof. K. Lucas (USA), Modena (Italy), 20.04.1995.
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото
  • Фото

どこで手術が行われていますか?

技術は、モスクワでのスイスの大学病院で行われています。病院の生活から写真

  • 111(37)

お問い合わせ

私はあなたに手伝うことができるかと考えましたか? Webブラウザの自動翻訳を使用してください、 ロシア語ができる人から手伝いをもらって、電話してください
8 (495) 222-10-87 あるいは  puchkovkv@mail.ru, に書いてください、私は必ず返事します

«私は生まれた!» -小さな人から多くの感謝(2009)